仕事やプライベートに、パソコンを使わない日はほとんどありませんよね。それほど私たちの暮らしに深くかかわっているパソコンですが、実は法人向けと個人向けの2種類があるのをご存知でしょうか?ここでは、法人向けパソコンの特徴や選び方についてご紹介します。

法人向けパソコンの特徴

法人向けパソコンという名称から、企業でのみ使われるものと思われがちですが、個人での利用ももちろん可能です。ここでは、法人向けパソコンのメリットとデメリットにふれながら、法人向けパソコンの特徴について詳しくご説明します。

そもそも法人向けパソコンって何?

法人向けパソコンは、法人が利用しやすいハードとソフトで組立てられています。法人は様々な業務でパソコンを利用していますが、業務ごとで予め必要なスペックが分かります。業務に合わせたスペックのハードに、…

法人向けパソコンのメリット

法人向けパソコンは、一般向けの製品よりも搭載されているソフトの数が少ないため、導入費用を安く抑えられるというメリットがあります。また、本体や専用のアクセサリなどが頑丈に作られているものも多く、数年…

業界からの熱い視線も注がれる!BTOの台頭

BTOは、受注の際のシステムを指し示します。従来よりも有効な取り組みや仕様への期待感が膨らんでいます。

法人向けパソコンの選び方

法人向けパソコンはどこで買えるの?

家電などはかつては家電量販店で購入するのが一般的でした。今も実店舗で価格交渉などができるので人気があります。最近は家電量販店のネット店舗やネット専業のお店を利用する人が増えています。さらにメーカー…

法人向けパソコンを選ぶときに注意すべきことは?

会社で法人向けパソコンを導入する際、一番注意してほしいのが保証面に関してです。精密機器であるパソコンは大きな衝撃を与えてしまったり間違った使い方をしてしまうと故障します。特にビジネスとして持ち歩く…

より安く法人向けパソコンを購入するには?

オフィスで仕事をするとき、パソコンは必須アイテムと言えるでしょう。入社したての社員だけでなく、ソフトの開発をする人、そして役員や社長などもパソコンを使います。オフィスでは法人向けパソコンを導入しま…

法人向けパソコンのデメリット

耐久性に特化していることでの移動の不便さ

一口にパソコンと言っても、大きく個人と法人の2種類に分けられます。個人向けパソコンがプライベートでの使用を目的に作られているのに対して、法人用は文字通りビジネスシーンでの活用を想定しているのが特徴です。 この法人パソコンはパーツの交換がしやすいなど多くのメリットがある反面、デメリットになる部分もいくつかあります。その一つが重量です。タイプによって若干の違いはありますが、基本的に法人用のパソコンは機密データの保持などを理由に個人向けに比べて頑丈で重厚感のある作りとなっています。 そのため、社外への持ち出しはもちろん、オフィスのレイアウトなどのちょっとした移動でも手間が掛かってしまうので注意が必要です。

デザイン性や機能性に若干の難がある

法人用パソコンは、デザインや機能面でのデメリットもあります。法人用はビジネスとして使うことを目的としていることから、形状はもちろん、カラーも黒やグレーといった地味な印象を与える物が多く、デザインを重視していないのが実情です。仕事用でも見た目にこだわりを持ちたい人にとってこの点はデメリットになります。 パソコンはモデルによって予め付属されているアプリケーションに違いがあって、個人向けのパソコンを購入する時の判断材料にする人も少なくありません。しかし法人用パソコンは前述したようにビジネス用なので、搭載しているアプリは個人向けに比べて極端に少ないのが特徴です。そのため、通常の使用では問題ありませんが、高い操作性を求めるのは難しいと言えます。